絵を描くこと。日々のこと。
by asako-malco
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
GALLERY
GALLERY umi
WORK
SHOP
ACCESSORY
STATIONERY2007
STATIONERY2008
STATIONERY2009
STATIONARY2010
GOODS
手拭い
Collaboration GOODS
HANAWAKKA
FLOWER
ミツバチ
沿線10
オカメインコ
LIFE
PEACE
LOVELY
KOHARURARA
Food
未分類
プロフィール***

HPMALANGEL.COM


asakoharulalaをフォローしましょう

東北関東大震災まとめ情報サイト【関東版】


オカザキ アサコ*

生まれも育ちも湘南。

絵描き&雑貨クリエイトしつつflorist。フットワーク軽いです。

鎌倉おしゃれミツバチの店舗は2015年12月末をもって閉店致しました。短い間でしたが、ありがとうございました!

Creemaの「ミツバチフラワー*」にてリースやアクセサリーを購入出来るようになりました!

鳥が大好き。
トイプードル2匹のリーダー。

絵::水彩をメインに植物、珊瑚などがモチーフ。個展・グループ展中心に活動。近年の展示は
2005年にNEWYORKでグループ展
2006年にプロモアルテギャラリーにてNY展
2007年に鎌倉「やまご」にて鎌倉五人姉妹展
2008年に北青山「DAZZLE]にてオリジナル切手展
2009年江ノ島電鉄「沿線展」に参加。9月、七里ガ浜にて『UMI no IRO』展
11月、ecomoにて『Life is OUCHI』展
2011年3月、鎌倉COBAKABAにて「やさい展」
2012年8月、鎌倉テールヴェルトにて「Forest's」展(コラボレーション企画展)
2013年2月、鎌倉ナチュラリアにて「le rustique」エプロン展(コラボレーション企画展)
2014年10月、鎌倉ART&Diningたぶのきにて「Hope」展
2016年3月、鎌倉COBAKABAにて「YEAH YEAH YASAI Ⅱ」展

その他現在に至るまで1年に一回ペースで国内展示。

雑貨クリエイト::オリジナルでステーショナリーとフェルト原毛から作るポーチ、フラワーアクセサリー等

フラワー::アレンジメント、花束、プリザーブドフラワーのアレンジメント、ドライリースetc..



************
このblog内にある全ての画像およびテキストに関する著作権はオカザキアサコが有しております。
スキン以外の無断転載、複写、使用を固くお断りさせて頂きます。
************




お気に入りブログ
ライフログ





以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
花・ガーデニング
画像一覧

カテゴリ:PEACE( 29 )

‘ohana

‘ohana

ハワイ語: ʻohanaは、ハワイ語で、広義の「家族」に相当する概念。ただし、オハナは、血縁関係がない者も含んだ意味での「家族」を意味するという点や、世代を超えて永々と続くという捉え方が強調される点に特徴があり、英語の「family」などと単純に同一視すべきではない概念であるとされる
(Wikipedia より)

f0007922_23343598.jpg


インドの小さな村から
ワルリ画家の友達が3人。
福島県の猪苗代町へやってきた。

自分たちの目でその土地を見て
話を聞き、
感じた事を
ワルリ画で表現していく。

日本に来るまではどんなところか想像も出来なくて
どんな絵が描けるのだろうか!?と疑問で一杯だったという。

彼らが日本に来れた事が本当に嬉しくて、
母の田舎が会津若松だったこともあって
祖父のお墓参りも兼ねて
絵の制作の御手伝いに行って来た。

1日半、共に絵を描き、共に猪苗代の子供達に触れ
人々の温かなおもてなしを頂き
その土地で、その土地のものを共に食べる。

f0007922_23431386.jpg


みんなそうだけど、
いつも当たり前に住んでいると
その場所の良さって気付かない。
今の世の中の流れが
都会へ向かっているから
どうしても田舎の暮らしが不便に感じてしまう。

会津若松も、けして住みやすい場所ではないけれど
昔から、絵を描く人達が
冬の美しさ、夏の美しさ、
山々や人々の暮らしを描きに来ていた土地。

祖父は、自分自身も絵を描いていて、
日展にも出したりしていたのですが、
戦争に行く事になったことを期に絵筆を折った人。
それでも、
祖父はそんな若き無名な絵描きたちをずっと支援しつづけていた。

私が絵を描いている中で
祖父の存在はいつもあって
だからこそ、
猪苗代という土地で、インドの友人達が絵を描いてくれることの
御手伝いをするという

輪。
個人的にも、感慨深い出来事でした。


神奈川から出がけにチャイを作って大きな水筒で持っていき、
朝ミルクと共に温めてから持っていったのですがw
こんなに喜んでくれるとはw

インドが恋しくなった訳じゃないけれど、
何処に居てもこの香りを嗅ぐと故郷のこと思いだせる。
チャイの良さがはじめてわかった!
ってマユールが言ってくれた。

よかったー!
例の丸いクッキーも喜んで食べてくれて、
国境越えて、みんな好きなのねってわかりました(笑)
お茶タイム大事ねw

f0007922_23463191.jpg


インドの小さな村で育ち、村での生き方や
ワルリ画という伝統的な文化を尊重し、
自然と共に生きて行く姿は
私たち日本が置き去りにしてきた
大事な感覚を思い起こさせるのだと思います。


猪苗代の子供達は、今でもやっぱり田舎暮らしで
インドの暮らしと同じように
牛を飼ってるよ!とか
この間蛇捕まえた〜とか
そういうところで育ったことを、
心から誇りに思ってね〜^^*
っていっぱい伝えた。

f0007922_2334322.jpg



猪苗代で一番印象に残ったことは?という質問に、
「人々の温かさ」と言ってたけど、
私もインドで同じ事思ったよ!って伝えた。
日本で同じ気持ちを味わってもらう事が出来て
これまた胸が熱くなる想い。。。

私はほんとにお菓子のおまけみたいにくっついてまわってただけで、
この企画を思いついてくれた人、実行してくれている人、
受け入れてくれている人、
さまざまな人達のおかげで
成り立っているフェスです。

明日20日に完成された絵が公開されます。
メイキングのショートムービーがまた
めちゃくちゃぐっときます。
2回見て2回とも泣いた。。。(公開されたら、ここでも見れるようリンク貼ります)


もーーー
インドって感情の深いところめっちゃ揺さぶられるから
ハワイに行く方がなんて楽なことよ(笑)


f0007922_234125100.jpg



同じ釜の飯を食べること。
私たちはみんな ‘ohana。


Aloha Tushar
Aloha Mayur
Aloha Harshad
Aloha Okazu-san,Akko-san,staff of heart warming people
Aloha so many many people in Inawashiro
Aloha Yamanaka-san,Koitabashi-san,Sawa-san
Aloha my mother,mother's sisters,my grandfather

They are so great person!
Thank you so much splendid experience.
We had such a great time ne .
Love you ~~~

関わってくれた全ての人達
Mahalo!


◆20日に公開される2枚の絵のテーマ。

1枚目:「Paripurna Jungle(パリプルナ ジャングル)」
十全な森

深い山の中の生きている心は、ゆっくり目覚めている。
この深い森と磐梯山は、始まりの時からすべての人々を見つめ、すべての物語をその心の中に秘めている。
この山と深い森のように、私たち自身のできる限り深いところまで行こう。そして、私たちの中に秘められている物語を呼び覚まそう。
“Alive Heart inside deep mountain” is waking up slowly.
This deep forest and Bandai mountain is watching everyone from the
beginning and keeping all the stories inside its heart
Like the mountain and deep forest, go and find inside ourself how deep
we came from inside and wake up your stories, from your deep heart

2枚目:「 Chala punha shurwat karya(チャラ プンハ シュルワット カルヤ)」
再び始めよう

私たちの世界のこれまでを振り返ろう。
私たちはとても遠くまで旅してきた。月を踏んだ。
そして私たちは、自分たちの文化のために穴を掘った。
その穴に私たちの過去を捨て去ってしまう前に ”私たちの始まりを見返そう。そして再び始めよう。”
It is fine to look back the beginning again in our world. We came very
far now explored universe. Touch our foot on the moon. And now we had
dig a pit for our culture. Before we through our past into the pit.
“Let’s look the beginning, and let's begin again.”

映像作家の奥間さんの作った
今回の猪苗代での映像です。
彼らの感性と言葉、そして短い中にぎゅっと詰まった素晴らしい動画です。
Wall Art Festival in Inawashiro~prologue~

[PR]
by asako-malco | 2016-11-19 23:56 | PEACE

魂の戻る場所。

Aloha

My special soulful place of the world,,,,,,Kauai island

f0007922_051827.jpg



インドに行こうと思っていたときに
友達から
インド以外だったらどこに行きたい?って
言われて、迷わず「カウアイ島!」
どっちかっていうと、カウアイ島に行きたい。
とか言ってたのが今年の夏。

じゃあ、インドじゃなくてカウアイ島に行けばいいじゃん。

そうも言われていたけれど
本当に行く事になるなんて
予想してなかった2016年(今年は全部予想超えて素晴らしい体験ばかりさせてもらっています)

行く事に決めてからも、
この島は私にとってすごく大事な場所で
出来れば一人で魂が赴くままに
回った方が良いということもわかっていて、

急な流れではありましたが、
そのようになりました。

なんだろう。

とにかく、島全体が
懐広いお父さんみたいな、おじいちゃんみたいな
そんなエネルギーに満ちていて
安心して
私は心の赴くまま、その場その場で心惹かれることをひたすら楽しんできました。

島でなにをやるか決めずに行ったけれど、
とにかく、端っこに行きたかったこと、
どうしてもナパリコーストに惹かれていること、
でも海からでもなく、空からでもなく、
島の大地を感じたかったので
出来るだけ近くばかりに居ました。

海も、最初からHanaleiに滞在しよう、それも決めていて
実際行ってみると
やっぱりやっぱり大好きな場所だった。
街の雰囲気も大きさも空気も景色も全てが。

そして衝動的にどうしても端っこに行きたかったというのも
Keebeachがやはり素晴らしくて
海の側で育ちながら
「あまりに海がキレイで、思わず飛び込んでしまった」
ということを、Keebeachではじめてやりましたw

着替えも車の中に置いてきたし、バスタオルも持って来なかったけど。

そんなスタートで
実際の島を楽しめる日にちは3日程。

泊まることにしたおうち2軒のホストともが
私にビーチグッズを用意してくれていたので
そのおかげもあって、
短い期間の中で、ひたすら海を楽しむことに心を注いだ。
海グッズを車に積んで、
公園のシャワーで水浴びてトイレで着替えて
髪の毛濡れたまま街を歩く。

もちろん、他の場所にも行ってみたし
それもまた独特の楽しさと
素晴らしい場所で行ってみて良かったけれど

心に残っているのは
Hanalei,Keebeach

f0007922_05223.jpg



そして、2軒目のホストBobbyのおうちに行く時に見つけた
素晴らしいHeiau
ここは本当にぐっときた。
島に来て一番素晴らしいsunsetを見せてくれて
そこから眺めるWailua river の河口と海、放牧されている牛と
帰路に向かう白鷺の群れ。

静かで
おごそかで
思いだす度に胸が熱くなる

今もこの場所が
静かで平和であることが
すごく嬉しかった。

カウアイを去るときにも
Hanaleiの海に心からありがとうを伝え、
このHeiauで感謝の気持ちを伝えて祈ってから
島を出た。

帰ってからガイドブックを見ると
そこは
ハワイの先住民メネフネが作ったと言われているHeiauで
言い伝えによれば
月に一度、神々が集まり、まばゆい光や太鼓の音、神様達の笑い声が
聞こえるという。

ああ、そうなんだ。

過去生のことはわからない。

でも、
私の魂のふるさと。
戻る場所。

この世のでの役目が終わったら
戻る場所がわかった。

そして、自分の好きなこと、いろいろあると思ったけど
やっぱり一番好きなのは「海」で
海に入ると身体がすごく喜んで、本当に楽しい。

その次に植物なんだな、って
優先順位的に理解した。

その次が洋服(笑)

ファーマーズマーケット見つけるのも得意だったw

自分の魂の導きには絶大なる信頼を寄せているのだけど、
それだけに身を任せればOKて、
すんごい楽w
良いところにしか連れていかない私の魂。
シンプル。

これからの時代には
ガイドはいらず、
自分の魂がガイド。
それに従って進めばいい。

次にカウアイ島に行くタイミングは何だろうって思う。
肉体があるうちに行くならば、
カウアイ島のクムにフラを習って
その歴史とかも含めて訪れつつ、
やっぱり海に入るだろうな。
Hanalei とKeebeach。
limahuli garden ももう一回ゆっくり回りたいな、とも思うし
他のgardenにも訪れたいし、ヒンディーアシュラムにもまた行きたい。
良いガイドさん(これは必要)に巡り会えたら
ナパリコーストをトレッキングして、全部感じたい。
時間が許せば、Waimea canion帰りの、最高に楽しい道を運転したい。笑
あの帰りの絶景とスリルのために、はるばる南下してさらに山をひたすら登るっていう。

魂のふるさとだから
いつでも戻れるんだけどね!

そして

今一番どこに行きたい?って聞かれたら
マウイ島。
やっぱりハワイなのです。

アメリカ大統領選挙の前に
カウアイ島のBobbyのお家に泊まらせてもらって
本当に良かった。
改めて、マスメディアからの情報ではなく、
違う目線でそのことを見れるようになった。

f0007922_05637.jpg



いろいろなタイミングと
きっかけを作ってくれた人達と
素晴らしい導き手の私の魂と
出会った人々に。

カウアイ島の全ての神様と
美しい海と
Poliahu heiauにAloha

心から愛をこめて
Mahalo
[PR]
by asako-malco | 2016-11-12 00:07 | PEACE

one two three!!! in BigIsland

Aloha!!!

BIG ISLAND

f0007922_21334324.jpg

左から次女とWAKA。末の私とALA。長女とTARO。

とにかく
初めて会う3人とは思えない姉妹っぷりと
毎日よく笑った、本当にミラクルに楽しい旅だった。
ひょんな流れで
3人で待ち合わせして行くことになり
ペレに会う事と馬に乗る事くらいしか決めてなかった割には
もう、
最初から3人で行くことが決まっていたんだと思った。

とても想像できないくらいの
運命の流れとタイミングと
大いなる力によって
導かれた旅。

ペレのさまざまな表情に出会わせてくれ、
Volcanoの最大限の魅力もたっぷり味わった。
言葉では現せない体験ばかりで
とにかく行って、滞在してみて体験してください、としか言えない。
素晴らしい体験だった。地球の声をいっぱい体感する感じ。
自分の心のうちもそれと共に激変していくのもまた
すごく面白かった。

馬達。
ああ、これもまた素晴らしい体験。
馬を心から信頼するということ。
自分以外の生き物の力で動くこと。
共にリズムを合わせて森の中を歩く事。
私を乗せてくれたALAは、とても賢く聡明な馬で
素晴らしい馬だった。

これからは隙を見て、馬に乗ろうと思う。

そして前回訪れた時には入れなかったけど
素晴らしい場所だった
Mauna Lani Beachにも行けて
今回は勿論海に入った。
身体の細胞という細胞が
シャンパンの気泡のようにプチプチと
この海に入れたことを
心から喜んでるのが全身伝わって来て
本気で至福のひとときだった。

あんなに全身で嬉しい〜〜〜〜〜って思うこと
あんまり無い!
さすがMauna Lani!!!

敷地内にあるというHot spotへもなんとか辿り着き
溶岩の作った大地の洞窟、地熱を感じ
ハートの穴から差し込む光を浴びる。
オーラが見える穴ということだったけれど、
私のカメラには天使が現れた。

f0007922_21314718.jpg


大地の中で瞑想していると、
フラをやっている次女が唄う。
今回、何度も一番先頭で私たちを導いてくれた
うたと踊りの女神。
先ゆく道を清め、開いてくれた。

マイペースな私を
何度も優しい気遣いで救ってくれて
毎日笑いの種を播き
真剣に話していても、
最後は何を話していたのか忘れてしまうくらいの
笑いで終わらせる
天性のチャーミングな才能を持ち合わせている長女。
あなたが居てくれて本当に
素晴らしい旅になりました。


一人じゃ体験出来ない事、
一人じゃ踏み込めないところ、
一人じゃ超えられない壁ですら
共に旅してくれた人達のおかげで
超えられた。

計らずとも
それぞれが魂の声に従って進んで行けば
素晴らしい出会いと
素晴らしい体験が
そして、それはすべて
楽しい笑顔に溢れている。

そのことを体験してきました。

それは現実。

世の中はきっとそれだけで出来ている。

全てに見を委ねて。

魂の声に従って。

f0007922_21315082.jpg


この旅に関わってくださった
全ての皆様に。

Mahalo♡

Big Love for you
Big love for my spirit
Thank you for your great spirit ,Pele!!!
See you again!!!
[PR]
by asako-malco | 2016-11-08 22:02 | PEACE

予想超える2016年は楽しいな♩

こんばんわ。
blogをすっかり無沙汰してしまいましたが
皆様お元気でしょうか?
9月!!!雨と低気圧のひと月でしたねー。
日照時間が一ヶ月で10時間だったとか!?

気圧の変化と湿度、調子の上がらない日々でしたが
とっても濃かった〜。

星を読めるが出来るわけではないのですが
私には尊敬する占星術師たちが何人か。
彼らの言葉をよく聞いて
うんうん、わかる〜〜〜という感じに
これまでも生きて来たので
今年は特にそれを体感しています。
2016年は9月から大きく変容していく。と知ってはいたのですが、
どのように変化していくのかは分からず、
でも、夏はそのための準備段階。
まさにそのように物事が流れてゆき、自分自身の目の付けどころも変わってゆき、

今まで良いと思っていたこと、
良しとしてきたことが
通用しなくなってきています。


そんな中で、じゃあ自分はどう進んでいけばいいか。
問いかけ、
問いかけているからこそ、同じような仲間が集まり、
それぞれの天命や使命、
生まれ持った星の位置から、これからどういう流れに乗って行くのが良いのか、
そんなことを学べるひと月でした。

今までとは違った視点で自分の過去を知り、
うっすら分かっていたけれども自分の稚拙なところ、
そして、変えられない性質、
そっか、自分はこういう人間なんだ、だからこれで生きていくしかないね、
うん、よし。(諦めではなく、励まされる)
誰かの顔色をうかがうのでもなく、
自分を肯定していくことからはじまる。
そして、自分の素質を地球のために還元していこう。

どんな風に、誰と、どこで、どのようにあるのか。

自分の芯を見つめて、
その辺りのはっきりさせてから
11月中旬からのさらなる加速に乗っていけるよう、
感覚を研ぎすまして行きたいと思います。

半年前に比べたら
ああ、この人こういう笑顔してたよね^^*っていう
良い笑顔を取り戻して行く人達を何人も見ています。
よかった♡

終わるものは終わってゆき、
タイミングが合わないものはどうにもこうにも合わない。
無理にこじあけるのではなく、
そういうタイミングなんだと見送ると
もっと良いタイミングが目の前にやってくる♡

f0007922_20543469.jpg



えっと、インドには行かなくなりました。笑
あんなにインドって言ってたのに
行きたくない訳ではなく、「今じゃないよー」ってことです。
でも、どこか海外へ行った方が良いんだけどな(私が今。)って思っていたら
一番好きなところへ行けることになったw
しかも、インドでこういう感じのことしたいっていのを
おそらく全部体験できそうな。
あ、こっちか!ww
みたいな。


旅の仲間に入れてくれた感受性豊かな人達に
ありがたい思いでいっぱいです。
即座にサインをキャッチしてくれて、嬉しい!
素晴らしい旅になるだろうことは間違いなく、
きっと想像を超えていくのだろうなと。
旅のことを考えるだけで、ワクワクニコニコしちゃう。

f0007922_20565016.jpg



そして、こんな生き方しか出来ない(笑)、
日本っていうグループ社会なカタチにハマれない私も、
よくここまで葛藤しながら我が道を進んで来たな、
それもこれも受け入れてくれてた母のおかげでもあり、
共に歩んで来た友のおかげでもある。

ありのままを受け入れてくれてきて、ありがとう!
変われないけど、変わらないことに自信を持って我を進みます(笑)

こころの中で描いている漠然とした想いが
カタチになっていくとおもう。

ブログ読んでくれている人達にも
祝福の光が導いてくれますように。
良い波に乗ってくださいね♡
[PR]
by asako-malco | 2016-10-01 20:38 | PEACE

みんな一日笑顔

こんばんわ。

今日は友人の実家、
まるしん農園さんに遊びに行ってきました!

いや〜、盛りだくさんで楽しかった。
楽しい記憶が数分ごとに上書きされていくので
朝一番の記憶はすでに彼方。。。
忘れないうちに記しておこう。

ご一緒したのは、共通の友人Mちゃんと娘のNちゃん。
そして先日茅ヶ崎にオープンしたばかりの
きくやマルシェさんたち。
手作りでこだわりのジャムなど、野菜や果物を自ら丁寧に加工して
販売しているお店!
開店のお祝いに伺ったときに購入した品々が
ほんとに美味しくって、
作り手さんの素材への愛情と人柄が現れている。
これを食べてみて、ピンときたのが
今回のまるしん農園さん。

こちらも、とっても丁寧に
手作業で無農薬の果物や野菜を生産しているところで、
やはり美味しい!ので、是非紹介したいな〜と
うまくタイミングが重なって
一緒に遊びにいくことに。

f0007922_0253791.jpg


まずは、水田へ。
マコモダケと古代米を栽培している場所へ行き、
マコモダケの収穫をさせて頂きました。
マコモダケって水田で出来るんだ!
イネ科なんだ!
こんな風に生えて食べるところはここなんだ!
(携帯忘れたため写真無し。。。)
水田にはセリが生えていたり、
古代米の風景は
黄金色の稲穂ではなくて、
濃いめの緑の葉に、赤黒い稲穂が垂れている。
なんとも渋くて風情ある光景。
青空にはトンボがいっぱい。
(写真ない。。)

すでに興奮気味の一行、山へ向かう。
持参したおやつと手作りのおやつで
富士山を一望できる素晴らしい展望場所で
感動しながらおやつタイム。
美味しいし、風景は最高すぎるし、風は気持ち良いし、
おいしい。これ、おいしい。ほんとに、おいしい。
連発(笑)
この辺りから笑いがこぼれて仕方が無いw
(素晴らしい展望の写真なし。。。)
(素晴らしいおやつの写真もないな。。。)

f0007922_0255999.jpg

photo by Nちゃん

みんなで心ゆくまで堪能したあとに
ミカン畑へ。
自然農法での野菜の生産やキヌアの栽培など
実験的に行っていて、
私も本で読んだことはあったけど
実際見るのははじめて!
ミカン畑の隙間の
雑草が生えてる中に、
殆ど虫に食われていないセロリや二十日大根、人参、ショウガ、
青唐辛子。
草むらと共に元気に生きている。
うまく自然界のバランスが取れていれば
野菜だけ虫に食われすぎることはない。
雑草が守ってくれてたりする。

うわ〜こんな風になってるんだーとか
感動しながら収穫。
ミカンも収穫。
エゴマも収穫。
取った野菜は
まるしん農園のNちゃんがささっと料理してくれて
お昼はおうちのお庭で
みんなで外ご飯。
Nちゃんが一杯美味しいお料理を作ってくれていて、
さっき穫った野菜もグリルになっていたり
天ぷらになっていたり
それもまた、見てさわって感じて食べてという五感全てで
理解していく。

先程のマコモダケも
生えている感じ、見た感じでは
味の想像が全くつかない。
生で頂くと
ほのかな歯ごたえと繊維質なのに柔らかい食感。
味はくせが無く、後味に甘みが。
ついつい手が止まらずむしゃむしゃ食べる美味しさ。

この穫りたてをみんなに食べてもらいたい!って
私も思ってしまった。

日数経つと、どうしても筋張ったり固くなってくるので
このやわらかさ、甘み、
ほんとの美味しさは生で食べるのだと
話聞いてたけど、実感した。

(美味しかったお昼ご飯の写真もない。。。)

最後はおうちの裏に生えている柿をもぎに。
結構高い場所に成っていて
高枝切りばさみを使うものの
上手く動かなかったりして、
めっちゃ爆笑。
泣く程笑ったwww
おばあちゃんが、前日に竹やぶから取ってきて作ってくれてあった
竹の柿とり棒?
先が割ってあって、間に枝はさんであるもの。
これが軽くてちょっとひねると柿が取れやすく優れもの。
それぞれ体験し
蜘蛛が目の前に降ってきたり!
熟れた柿が降ってきたり!
大騒ぎしながら
楽しく時間が過ぎました。

食べるものが
どういう風に成っていて
どういう風に穫って
どういう風に調理されて
味はどんな風なのか。
全て
本当に貴重な体験でした!

まるしん農園さんが取組んでいる
循環型の農業だったり、自然農法だったり、
いろんなお話もたっぷり聞けて
これからは、こういう循環型の世の中が
良いな〜とお話聞いてておもった。

そして、一日みんなが笑顔で
笑ってて
赤ちゃんも殆どぐずらず、
そういうことも
素晴らしい1日だった。

最高のおもてなしをしてくれた
まるしん農園さん、
ありがとうございました!!!

楽しかった!

またお手伝いに伺います☆

f0007922_0253242.jpg


あ。ほらね。記憶が抜けてるんだけど、
ウコッケイのヒナたちが農園にやってきたばかり。
ひよひよひよひよひよひよ
ふわっふわの白い頭で
のぞくと、全員あわてて逃げる(笑
またしばらくすると忘れて
ひよひよひよひよひよひよ
ご飯をついばむw

まだ記憶抜けていそうだ〜。

誰も嫌な思いをすることなく、
一日関わっていたみんなが笑顔で
良い感じなのって
私の理想。
ハッピーなカタチ、またひとつ胸に刻まれました。

本当にありがとうございました!
[PR]
by asako-malco | 2015-10-09 01:07 | PEACE

昨日も今日もありがとうございました!

こんばんわ。

昨日、今日とお越し頂いたみなさま、
どうもありがとうございました。
最終の土日ということで
たくさんの人に来て頂いて、
けして来やすい場所ではないのに、
本当にありがとうございました!

個展は
自分が全力投球している分、
見に来てくれるだけでも
ものすごく嬉しいし、
みんな何かを感じて帰っていってくれるので
やってよかった〜〜〜とおもう。


料理でも
絵でも
音楽でも

来てくれた人にしかわからないものがあって、
作ってる人達はとにかく全力尽くすだけなんだけど、

時として私だって行けない場合もあるし

だから本当にタイミングとしか言えない。

いつも嬉しいんだけど、

今日はほんとに嬉しかったなあ〜。

他の人の何かに足を運ぶとかって、たぶんすごい興味もってくれないと来てくれなそうな人が
来てくれたり(笑
2度目に足を運んでくれた友人の
元気で晴れやかな笑顔見て
その表情が久しぶりに見れたことに、
家に帰ってちょっと泣いた(笑

とても元気で幸せそうな友人の笑顔見れたり
高校時代の同じクラスの仲良い人達が集合して、やっぱりすっごい楽しかったし
葉山のBOOKWARMで、私の話聞いてくれてた人が遠くから来てくれたり
久しぶりの友人の話も聞けたり、笑ったり、
これまた転機のタイミングである大好きな友人が来てくれたことや
今年の夏の楽しい記憶を一緒に過ごしてくれた友人がきてくれたり片付け手伝ってくれたり

今回の展示で声をかけて頂いたMちゃん、いろいろフォローしてもらって
この機会をつくってくれたこと、本当に感謝しています。

いつも超マイペースな私を全然OKで受け入れてくれているH家のみなさま、
どうもありがとうございます!!!

絵を描くときの想いやテンション、伝えたいこと、
ちゃんとそれぞれに伝わっててよかった。

私はもうそこから先に進んでしまってて
品物の在庫切れがないか?とか
配置とか
来てくれた人とお話することとか
お昼何食べよう?とかw
そんな感じになってしまってて。

でも、
やっぱりぐっとくる瞬間が何度もあって。

作品は人に見てもらってなんぼだし
料理は人に食べてもらってなんぼだし
音楽は人に聞いてもらったなんぼだし

お金以外の交換が
かならずそこにあると
今回心底感じています。

私の暴走?
今週は特にほんとーに忙しくって
心ここにあらず、、の場面もいくつもあって
迷惑かけちゃってる人達や
私の代わりにいろいろやってくれてる人達もいて、
そういう方々のおかげで
好きなことやらせてもらってます。

この週末のおかげで
自分のビジョンが明確になってきました。

なんと、明日もMitsubachi Flower market 開催できることになったので
延長させてもらいました!

あと2日、私は明日しかいれませんが
どうぞ宜しくお願い致します。

f0007922_2343712.jpg


お天気ももってくれて、
お天気の神様、ありがとうございました!!!
[PR]
by asako-malco | 2014-10-26 23:45 | PEACE

2014年の夏。

こんばんわ。

f0007922_23512146.jpg


あ〜。2014夏が終わりました。

どんな夏になるのか
7月は全く検討つかなかったけど、
やっぱりすごく楽しかった。

そして、すごく深かった。

自分のもろさを思い知って、
すごく沢山の優しい友達が、私の周りにも静かにそばで見守ってくれていて
ほんとに、ありがとう。それしか言えない夏だった。

とにかく必死に
人と人との出会いの意味の答えを見つけようとしてて
自分が与えられた出来る事っていうのを
ひたすら信じて突き進んでみた。

答えなんて、どこにも無いけど
自分が探そうとして突き進んだ事は
ある意味やりきった。とおもった。

ほんとのところ、分からないけど、
生きている私が、亡くなってしまった人に対して何ができるか?ってことを
とにかく一つ信じて進んでみた。

そこにも、はっきり言って、結論も結果も無くて
でも、信じてやってきたことは
聞きたかった言葉を少なからずとも伝えたと思うし
後々、良かったと思えると、思う。
そこに悔いは無い。
相変わらずバカな私だけど。


思うように人生進んでいかないけど、
けして悪くはない。
むしろ、自分の狭い思考回路でしか想像出来ない未来なんかじゃなくて、
もっともっと素晴らしい世界への切符。

f0007922_23511860.jpg


何人かの友人に、

生馬さんを引きずりすぎている。
引きずられてはだめだ。と
怒られた。

なんで?と聞かれて

正直わからないと答えた。
わからない。と答えられて良かったとおもった。

たぶん、人間性。

まだ少ししか見れてなかったその人の人間性。

もっともっと、嫌いになるくらいまで見れてたら
すっきりお別れできたとおもうんだよ。

でもさ、なかなかきれいさっぱりには
いかないのが人生でさ、

理屈は通用しないし
解決も出来ないし

それぞれが全うしていくしかない。

だって、神様じゃないもん。
みんな。


この夏は、
一人の友人を亡くしたことを
必死に受け入れて立ち直って行く夏でした。

それでも、海にも入ったし
三崎の夏祭りにも行けたし
花火も見たし
友達とカレーをつくってかき氷食べていっぱい喋って
浴衣も着て盆踊りしたし、
苦手な濃さの生馬さんのアイスコーヒーも飲んだし
この夏たくさんお世話になったうーちゃんのホットチャイも飲んで
おすすめのラーメン食べて
鎌倉のディープな飲み屋でドンドコ生の盆踊りの中に入っちゃって
生きてるってすごーい楽しい!って
そうやって夏を締めくくれた。

f0007922_23504473.jpg


みんなより、気持ちを切り替えるのが
不器用で時間かかったけど
いっぱい助けてくれてありがとう。

生馬さんの骨が撒かれた海は透明度が高くて
波紋がキレイで
ばしゃばしゃ歩いてきた。

f0007922_23503574.jpg


こんな素敵な海を教えてくれてありがとう。

たぶん、良いところしか見れなかったと思う。
きれいなところしか見れなかったと思う。

でも、それでいいよね。
いっぱいみんなから話聞いちゃったけど

また来年、新しい夏がやってくるから。

2014年の一色海岸に
心の底から、生馬さんありがとう。
そう言えた。

そう言ってから、
待ち合わせた人のところへ、
待ち合わせた人達のところへ向かって
私はまたバスに乗りました。

f0007922_23511670.jpg

[PR]
by asako-malco | 2014-09-01 00:28 | PEACE

また1年。

こんばんわ。

おとといは、たくさんのBDメッセージ
ありがとうございました!
またもや、みんなに会いたくなっちゃったー♡

f0007922_0544568.jpg


ふわふわわくわくの数日。

大好きな海で素敵な夕日見れて
生馬さんのコーヒー屋さんにもお花飾ってもらってきて
こっそり川にもお花流してきたw

夜は友人家族のおうちで誕生日を祝って頂き、
ワインや蜂蜜、素敵な香りのシャンプーを頂いて♡
職場ではフリフリ付きの腹巻き(笑)やお花を頂いたw

私が冷房でお腹冷えて痛くなっちゃうっていつも言ってるので
可愛いのみつけてきてくれたw

言葉だけで説明してもわかんないね。フリフリ腹巻き(笑

こんな祝ってもらっちゃっていいのかな。と思うけど
すごく嬉しいです。
ありがとうございます。

そして、また言葉にすると訳わからない感じですが、
私は意図してなかったので
たぶん、なんか技を見つけたであろう数年前に他界したM。
ちょっと目をつむった途端、瞼裏にニヤニヤドヤ顔したMが現れた。
今目をつむっても全然想像も出来ないので
ほんとに数年で技みつけたんだとおもう(笑)。
ありがと。登場してくれてw

まあとにかく、
私たちは生きていかなければならないわけで、
出来るだけ笑顔で楽しく
会いたい人に会いに行って、
やってみたいこと全部やって、
友人も家族もみんな愛して
精一杯。
とおもっています。

私がいつも忙しそうであったり
何か夢中でやっている根底にはいつもそういう気持ちがある。

生きていたら未来には希望しかないとおもう。
無いように見えても、必ずあるとおもう。

夜空的に
7月16日に木星が獅子座入りした瞬間から
ものすごいです。
新しい事にチャレンジしていきたい私を更に加速させて
まあ飽きれるくらい、すごい。
3つくらい同時進行してて、そこから枝分かれしたものもあったり
そのために勉強して試験受けようってのも決めたり
夏だけど、
夏だけど
海に行ってしまいますが、
だいじょうぶかな。笑

良いタイミングで全部流れていくことに
とても感謝しています。

なにもそれについてお知らせしてないですけど(笑
カタチになってきたら、ね。

うーんと、この1週間けっこういろいろあるので
忘れないように、しなきゃ。全部。
公民館の夏休み子供工作講座とか、
まじで忘れないようにしないとね。。。。。

遊びの連絡も忘れないようにね。。。

f0007922_0545010.jpg

729の一色海岸からの夕空。
Bluemoonスタッフの写真を借りました。
ドラマチックな1年のスタートです。

みなさま、宜しくお願い致します。
[PR]
by asako-malco | 2014-07-31 01:18 | PEACE

ありがとうの1日。

こんばんわ。

先日のピースニック2013秋@SHOKU-YABO 農園へお越しくださったみなさま、
どうもありがとうございました。

そして、スタッフのみなさん、出展者のみなさん、おつかれさまでした!!!
朝車に乗せてくれたsちゃん、tちゃんどうもありがとう!!!

今回文字通り朝から晩まで関わらせてもらって、
ピースニックのイベントで1日居れたのははじめてかもしれない!

朝の山はすごい寒いけど光がキレイだった。
f0007922_19462459.jpg


夕方の暮れ行く空もすごくキレイで
朝は黄金色に染まっていた夕暮れは山が赤く燃えるように染まってゆき
一番星が輝き、まだ18時だというのに星がよく見えて美しかった。
f0007922_19525572.jpg




今回、一応地図を描くということでお手伝いがはじまったんだけど、
なぜか数日前に友人から私がエントランス担当になってるっぽいよ。。。って言われて、
確かに、こういうの使ったら良いんじゃないっていうアイディアとかあったけど
全く予想していなかったので、
出来るだけ手持ちの何か使えそうなものをかき集めてみた。。。

こうしたかったという希望とは程遠くなってしまったけど
忙しい仕事と実際どういう現場なのかわからない状況と当日の時間のなさの中で
最大限がんばったよ。。。
午前中はかなりの時間を脚立の上で過ごした気がする。。。

f0007922_1953290.jpg


ステージの飾りとかも、トトの手伝いと
「あのさー。この辺にわさーっと緑がある感じにしたいのよ」って言われて
ふーん。って流してたら
それやって!ってことだったらしく。。。
仕方ないのでその辺にあった鉢物を一つ運んで、
森の方に行ったら伐採されたアオキの枝があったのでまだ葉っぱも青々してたし、
それをマスキングテープで留めつつ(笑)


リースは森の奥の方で展示してたんだけど
のんびりした木漏れ日空間で
たぶん、1日の大半はそこを放置してた気がする。。。

でも、お昼過ぎには6名くらいがリース作りたい!って来てくれて
ちょうどハンドマッサージのお客さんも重なってmacoちゃんが忙しくなってしまったので
なんだかんだ、私が適当に見ていた。。。みてた?うーん。
よくわからないけど、お手伝いとかこうすると良いよ、みたいなのをやっていました。

そしてその時間ににょきにょきパレードが繰り広げられてて、
パレード隊が山へ登って行き、森のステージからメルヘンチックな音楽が始まって
太鼓隊と合流する流れを私たちはその下に居たので
上から降ってくるような音と
アロマの香りと木漏れ日の中でリースを作っていたのでした。

f0007922_19461434.jpg

リース台もススキとかもmacoちゃんが作ってもってきてくれました!

みんなにまず、山を一周してきてもらって、リースの材料を拾ってきてもらい
リース台を選んでもらってからさあ作成!
みんな素晴らしいリースが出来上がって
私も嬉しかった!
一つも同じようなリースが出来ないところがまた素敵だよね。

販売してたのはこんな感じ。
道ばたの途中で。。。
f0007922_19424091.jpg

上の森の恵みリースはmacoちゃん作


f0007922_19424233.jpg


なんやかやと通り過ぎる人たちが可愛い!って反応してくれたから良かったw
最終的に物々交換的な感じで飾って欲しいお宅へ譲りました。また作るし!

そして、クルミボタンとハガキは
初の試み、、、お釣り銭入れと品物を置いたままの
野菜とかよく無人の路上販売してるみたいな、
ああいう無人販売方式にしてみました!

置かせて頂いた、p&gのkenちゃん、orio、ありがとう!

ちゃんと数とか数えてないし、そういうところがかなり適当なので
出来る技。。

もっと目立つところに置けばよかったなーって思うんだけど、
その辺の用意周到ではないところが私。。。

なので、まだ在庫持ってるので欲しい方は声かけてください!

しかしまたもや短時間ですっごい炭水化物摂取してしまった(笑
忙しいとこうなるんだな。
おにぎり、フォカッチャ、カレー、1時間後くらいに丼。。。
全部炭水化物。。。

まあそんな1日でしたが、
久しぶりの人、
何度も会ってるけどなかなか話す機会なかった人、
やっと顔と名前一致した人、
夏以来会えてなかった人、
そういう人達に沢山会えたことや

今まで知ってた人達の進んできた道とこれからの道、みたいなのが見えること、
変化、
いろんな背中を見て
やっぱり幾つになってもこうやって外で遊ぶのは楽しいよね!
そういう人生は素敵だなーって思った素晴らしい1日でした。
なによりも、沢山の人に描いた地図の絵を見てもらったし!!!


企画者のtoto、
リース一緒に飾らせてもらって、いろいろ用意してくれて、飾り付けとか手伝ってくれた
macoちゃんスペシャルサンクスー!
[PR]
by asako-malco | 2013-11-25 20:20 | PEACE

イルカ

こんばんわ。

今日は、カワウソに会いに
かなりレアな油壺マリンパークに行ってきました☆

油壺マリンパークといえばマンボウ。。。

巨大な、マンボウがそのまま水槽に居るイメージしかない。

今年の2月にカワウソに赤ちゃんが生まれたニュースは知ってて
その子たちと握手ではないのですが、
カワウソと握手出来るってことで今回行ってみました。
餌をあげつつプニプニの手を触れるという。。。w

f0007922_0322100.jpg




まあ、園内は古いし、寂れているし、
なんとも言えない静かな雰囲気。。。
と思いきや、

だからこそなのか、ペンギンはかなり近くで見れるし
というか、
人に育てられたペンギンも沢山居るから慣れてるし寄ってくる。。

カワウソはかなり動きも含めて可愛い!
葉っぱでずーーーっと一人遊びしてたり、
子供カワウソのまあ元気なこと。。。やんちゃ盛りで見てて飽きない。。。

そのほか、コウモリ(寝てる)だとかフクロウだとか
触れるサメだとか、サメの卵だとか、マニアックなものが数点。。。

なかでも一番感動しちゃったのが

イルカ!

イルカなんてどこにでもいるじゃーん。、。。。。ではないのです。

記憶してたマンボウのプールにイルカ。
上からのぞいていると、

ニコニコ笑顔のイルカが遠くから明らかにこちらに向かって泳いできました!

思わずはろーとかやあ!とか意味不明な挨拶しちゃったけど
言葉通じてるのか通じてないのかわからないけど、
イルカも嬉しそうな顔してて、なかなか離れない。

f0007922_025049.jpg



そのうちぐるぐる泳いではまたこちらに来て、
お腹ごろごろ出してみたり、横目づかいしてみたり、
なでたーーーい!

もどかしいやりとり後、
おもむろに潜ったかと思うと、尾びれを出してくれる。

f0007922_023574.jpg


これって明らかにサービス満点な感じ。

そして、顔出して口開けるから、

ああーごめんよーーーお魚持ってないよーー。

って言ったんだけど、

またやってくれる。

そしてまた横目づかいw

んーーーーー。可愛すぎる。

そうこうしてるうちに、他の人間も現れて、やはり尾びれサービス。

拍手しか出来ないので

わー上手だねー!って拍手。

他の人間たちの方が、これしかやらないの?ってどこかに行っちゃったんだけど、

なんかもう釘付け。


後から、このプールで餌付け体験もしてるとのことを知ったので
こうやっていつもお魚貰ってるから、欲しくてやったのかなー?とも思ったけど、

飼育員さん居ない状況だったし、
そういうのもイルカはたぶん分かるはずだし、

あまりにも暇すぎて、人間来たことに喜んでくれて、
遊んでくれたように
感じたんだけど、

っていうのが私の解釈。

それにしても、イルカとこんな間近で目が合ったり、
話かけて聞いてくれてる感じとかね、
なんかコミュニケーション発生してる感じとかね、

かなり胸がいっぱいになる体験だったのです。

この子だけがそうやって寄ってきてくれて
ニコニコな感じだったので
やっぱり性格とか本人(イルカ)の意思が感じられる。


帰り道にとにかくそれ思いだして
今日もなんだかホントに幸せな体験したなーと涙がでてきた。

流行の場所では全然無いのに、
あそこの動物達は、なんてチャーミングなんだろ!

あまりに胸に残る体験だったので
ちょっと書いておきました。


またあのイルカに会いに行きたくなっちゃうな〜。

サメの卵も相当興味引いたんだけどね。またそれはいつか。。。


all photo by macopunch
[PR]
by asako-malco | 2013-10-11 00:51 | PEACE