絵を描くこと。日々のこと。
by asako-malco
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
GALLERY
GALLERY umi
WORK
SHOP
ACCESSORY
STATIONERY2007
STATIONERY2008
STATIONERY2009
STATIONARY2010
GOODS
手拭い
Collaboration GOODS
HANAWAKKA
FLOWER
ミツバチ
沿線10
オカメインコ
LIFE
PEACE
LOVELY
KOHARURARA
Food
未分類
プロフィール***

HPMALANGEL.COM


asakoharulalaをフォローしましょう

東北関東大震災まとめ情報サイト【関東版】


オカザキ アサコ*

生まれも育ちも湘南。

絵描き&雑貨クリエイトしつつflorist。フットワーク軽いです。

鎌倉おしゃれミツバチの店舗は2015年12月末をもって閉店致しました。短い間でしたが、ありがとうございました!

Creemaの「ミツバチフラワー*」にてリースやアクセサリーを購入出来るようになりました!

鳥が大好き。
トイプードル2匹のリーダー。

絵::水彩をメインに植物、珊瑚などがモチーフ。個展・グループ展中心に活動。近年の展示は
2005年にNEWYORKでグループ展
2006年にプロモアルテギャラリーにてNY展
2007年に鎌倉「やまご」にて鎌倉五人姉妹展
2008年に北青山「DAZZLE]にてオリジナル切手展
2009年江ノ島電鉄「沿線展」に参加。9月、七里ガ浜にて『UMI no IRO』展
11月、ecomoにて『Life is OUCHI』展
2011年3月、鎌倉COBAKABAにて「やさい展」
2012年8月、鎌倉テールヴェルトにて「Forest's」展(コラボレーション企画展)
2013年2月、鎌倉ナチュラリアにて「le rustique」エプロン展(コラボレーション企画展)
2014年10月、鎌倉ART&Diningたぶのきにて「Hope」展
2016年3月、鎌倉COBAKABAにて「YEAH YEAH YASAI Ⅱ」展

その他現在に至るまで1年に一回ペースで国内展示。

雑貨クリエイト::オリジナルでステーショナリーとフェルト原毛から作るポーチ、フラワーアクセサリー等

フラワー::アレンジメント、花束、プリザーブドフラワーのアレンジメント、ドライリースetc..



************
このblog内にある全ての画像およびテキストに関する著作権はオカザキアサコが有しております。
スキン以外の無断転載、複写、使用を固くお断りさせて頂きます。
************




お気に入りブログ
ライフログ





以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
花・ガーデニング
画像一覧

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

変わり行く時間。

こんばんわ!

昨日の「FarMu」にお越し頂いたみなさま、
どうもありがとうございました!!!

そして、沢山の裏方さんたち、
本当にありがとうございました。
彼らが居てくれたからこそ
スムーズに、みんなが気持ちよくイベントを楽しめたのです。

男性のすごいな〜〜と思うところって、
協力体制が半端無い。
ほんとにみんな惜しみなく協力している姿、
何度も何度も見ています。

会場のSurfers
よく通る海沿いの道にあって、
もともと海の家だったものが通年のお店になったところ。
海の家のときにもライブやお酒飲みに足を運んでいたし、
本店?のロースカ
飲みに行ったりしてました。

けして便利な場所ではないけれども、
だからこその、絶景、
そしてお店側のホスピタリティや施設の設備などなど
本当に快適で、感激しました。
お店をイベントに貸し出してくれて、里芋のお料理も美味しかったし
一般のお客様も、イベントのお客様も
双方が楽しめるよう心配りが素晴らしかった。
終わってからも、主催者側に温かい言葉をかけてもらっていたみたいで、
良い先輩たちのいるこの土地がやっぱり好きだと再確認。


このイベントに地元のお店として出店出来た事、
終わってから本当に良かったな〜と思っています。
懐かしい顔ぶれや、久しぶりの顔、
お隣さんたちとの楽しい会話や
オージャス満点の里芋、
午後の海辺の陽射しの中での整体。。。
ものすごくリフレッシュしてきました◎


私の周りの人達は
いわゆる、一般的な社会人というカテゴリーに当てはまらないタイプが多いけど、
(わたしも)
Happyに生きている、気持ちのよい人達ばかり。
それは、とってもありがたいことです。
今日も友達と
グレーゾーンな人々について話をしていたのだけど、
私だってグレーゾーンかも?!って思うときあるしw
普通っていうカテゴリーに当てはまらない人達が
生きやすい世の中だったらいいね。
っっていつも同じ事言ってると先日別の友人に言われた(笑)
だね。


昨日はお天気もよかったので
Peacenicという小さなフェスの、一番いい感じを
味わえた気がしました。

4月からまた、
新世界へ旅立つ友人が居たり、
新しい仕事を始める友人が居たり、
いろんな変化が多重層になって
わたしはただ、見守って
今まで一緒に楽しかったこと思い返したりして
本当にただ見ているだけなんだけど、
これもまた良い時間だな〜とおもう。

ほんとに先のことがどうなるのかわからなくて、
ただ、お誘い頂いたイベントやらでどうやら5月までは
生きていけそうww
いや、夏も超えられるな、とか
9月までは
この調子でぼちぼちやっていきそうな気配。
詳しい約束は何も出来ないけど
行きたい場所、
会いたい場所、
いつでも来てねって言ってくれる場所、
いっぱいだな〜。

もうね、ほんとに、
「気が乗るか乗らないか」で
行き先もなにもかも決めてる最近なのでね。笑
相当流れ任せ。

f0007922_22213570.jpg


ミツバチフラワーも
なんかそんな感じだったけど
Surfersで良い感じで出店できて
なんとなく、ここが良いかなって思った場所がやっぱし良い感じで、
明るく楽しいお隣さんと、里芋に囲まれてww
風通しよくて、お日さまぽかぽかで
背景には素晴らしい海。
こんな良い感じに出店出来たのも
すごく嬉しかったな!

WSは、ほんとごめんなさい、なくらいの忘れ物。
ハサミ、針と糸、ピン、忘れて
何も出来ない感じ?笑
衝撃。
まあ、ひっそりやってるかもねー、くらいで
WSやりたい!って人が来なくて良かった(笑)
ほんとすいません。
ていうか、告知してなかったね(笑)
ま、でも、めっちゃ楽しかったからOK!

当日の感じはFBにアップしてますー。コチラ→

さてー。
気持ちを切り替えて週末のウエディングのお仕事の準備
本格的にやらなきゃ!!

このお仕事は本気で忘れ物厳禁ですよ!麻子さん!!!
[PR]
by asako-malco | 2016-03-28 22:53 | ミツバチ

いいよいいよ。そんなんでもいいよ。

こんばんわ!

先日3月9日、魚座の新月。
半年後の9月に向けて
自分の本質に素直に生きること、
流れに委ねるという
新月。

春は、身体が不要なものをデトックスする時期。
ほんと、どんぴしゃに
自分の身体や心、全部そういう感じだったんだな〜と
改めて思う。体毒を出すということだったと思う。

f0007922_22421187.jpg


その日、インド行きをプッシュしてくれた人と話してて
彼女のインドでの体験談がまたすごく面白く、
身体ではなくて、生命力が落ちているときに
川の力で生きる力を取り戻す、みたいな
これまた凄く納得出来る話だったり。
あとは、やはり川の側で遺体を燃やす話、疫病の人は燃やせないから川に流す、
その近くでは子供達が遊び、歯磨きする人が居て、沐浴する人が居て。
生と死が常に隣り合わせで川の流れと共に
命の循環みたいのが
リアルに行われている。
その話を聞いた。

人間を燃やすとどうなるのかも、聞いて、
その話を聞いたら、なんだかとても安心した。
そしてすごく感動した。

人の身体は、殆どが「水」なんだそう。
燃やされて熱されると水分が沸騰し膨張しそのうち皮をやぶって破裂する。
その水で火の勢いが弱くなるのだけど
その後、「脂」が滴り落ち、炎が一気に加速して身体を焼き上げるのだそう。
一人が灰になるまで、相当の時間を要し、
薪も含めて最後は小さな灰の山になる。
それを、箒でしゃーっとガンジス川に戻す。。。。。。

見えない場所で何が起こっているのかわからない
想像力からの恐怖。
そういうのを全てさらけ出して
生きる事。
命があることの崇高さ。命の輝き。みたいなもの。
人の身体が本当によく出来ている器であること。

私のインドの体験なんて、
本当に幼稚園みたいなもので(笑)
甘っちょろくて、本当に良い部分だけ見せてもらったと思ってる。

日本というとてもぬるい国で生まれ育っているから
ちょっとの刺激(ダニとか紫外線とか刺激物などなど)にも身体がめちゃくちゃ反応しちゃう
弱っちい生き方しかしてこなかったんだと思う。

それでも、
あ、このくらいでも生きていけるんだ。これ、無くても全然平気なんだ。
日本のその昔の暮らしを見せてもらったような。
体験させてもらったような。

身体の不調があって、
まずファンデーションを止めましたw
そうすると、クレンジングオイルもいらない。
出掛ける準備もすごく早い。
肌の調子、全然良い。
たいして化粧をする方では無かったとしても
あ〜、いらないんだ。必要無いんだ。
そういうことを知った。
そして、内蔵の状態が全て皮膚に出るということも痛感。

たいして変な食生活してきた方では無いのだけど
ちょっと意識が変わる。
身体が食べたいものを素直に。
添加物は本当にいらない。(食べちゃうかもしれないけどw)

まあ、いきなり全部は変えられないかもしれないけど
今年の目標、もっともっとシンプルに生きて行くという
それは
本当にそのままそのように生きている。

今までも、
ざっくりと、どっちかっていうとそっちよりかな〜みたいな程度に
わりと合間を行き来している感じだったけど、
日本での
いわゆる、普通の生活みたいの
もう出来ないなーと悟った新月(笑)

完治はしてないし
状態は以前よりすごく良いんだけど
無理なこと、
無駄なこと、
するの止めよう!ってなったら
いろいろ軽くなった。

f0007922_22363529.jpg


そんな気持ちで
個展がはじまったわけですが。

今日、早速絵を見に行ってくれた方の言葉で
ああそうか〜。そういうことか〜。と納得。

感覚でしか進んでなかったので
でも、いろいろ伝わるんだなと。

「押し付けがましい」事が好きではないし、苦手なので
ほぼ、そういうの除去。
そしてどっちかにすごく傾く、目線も偏るというのも
自分が引いてしまうので、
どっちも有り。っていう感じにもしてある。

まあいいよ。
そんなんでもいいよ。
でも私たち
野菜が大好きなの。ふふふ。
美味しいの嬉しいね。

たぶん、そんな空間が広がっているのだと思う。

ベジじゃないし、ベジタリアンでもない。
肉も食べる。
でも野菜が好き。美味しく野菜食べたいのさ。

文字ばかりだけど、PEACEとかLOVEとか散りばめて
良い感じで、しかも楽しく描いてるのしか
展示しないとかね。
そういう見えないテンション的なこと
やっぱりすごく大事!

この1週間はそんな風に
過ぎていきました。

健康ってありがたい。

そして3.11、黙祷の時間も確定申告の書類を作るのに夢中で
すっかり過ぎていた。
けして軽んじているわけではない。
でも、日々はそうやって過ぎて行く。
それはとても普通だけど
ありがたい毎日。

私の祈りは
個展会場のラブレターに。笑
[PR]
by asako-malco | 2016-03-11 22:47 | LIFE

明日から個展始まります!

こんばんわ〜。

なななななんとか、絵を展示してきました。
昨夜から5枚描いて、殆ど今日準備しました。
良いのか悪いのか
全くわかりません。笑

話をもらってからいろんなテンションで描き、
体調崩したりしてさらに何も出来なかった中で
出来る限りのことはしたような、
これでいいのかどうか、、、

ま、楽しそうな感じに飾れたからいっか!よし!
決めてなかったけど横長になりました(笑)
たいがい、お客さんが座ってるので頭上ね。頭上に見えるように。外からでも
なんか楽しそうな雰囲気が見えるように。

f0007922_232625100.jpg


おそらく、説明が無いと殆どわからないかもしれないので
要約すると

1、野菜の絵は全て、その個体を表す英語のみ作られています。

2、文字に書いてある英語は、展示のテーマでもある
 「100年後もおいしい野菜を食べるために、明るくHAPPYに毎日を100%生きよう」です。

3、葉っぱは、おそらく沙羅双樹の葉っぱを植物の茎で留めただけの、そのまま大地に還る
  エコ皿。インドから持ち帰りました(手持ちで持ち帰って何も言われなかったからたぶん大丈   夫。。。)。
  描いてある絵は、美味しい野菜を食べるために、太陽やフレッシュエア、雨、豊かな大地、
  綺麗な川の流れ、、などを竹を使って描いてます。インドのワルリ画のお手伝いをしてきた
  そのインスピレーションのまま、なんですが、これはワルリ画ではありません!
  って言うにはあまりに本物にはほど遠いから。ただ、物語や大まかな雰囲気など
  リスペクトの意味を込めて、私なりに描いてみたもの。

f0007922_2326945.jpg


いろいろと、自由に表現するにも
まあなにかと細かいところが気になって
グレーに。グレーにするしかない。

リスペクトの意味を込めても
どういう風に捉える人が居るかわからないからねえ。。。

ま、私が気にしてるだけで、
エコのお皿、カッコ良いし、色とか最高なので
シンプルにへえ〜!!って見てくれたら嬉しいです^^*

しかしねえ、
私は丸い葉っぱに描いてみただけだけど、
雨の点をまっすぐに描いていくとか
大きな壁4面にひたすら川を描いていくとか
かなり気が遠くなるような
根気のいる作業。
それらを全て丁寧に描いていくからこそ
全体で見たときの調和と美しさが生きてくる。
機会があったら
是非とも生のワルリ画を見て欲しいな。あ。
私ももっといろんな物語のワルリ画を見たい。

ってちょっとでも思ってくれたら嬉しいw

絵を描くのに殆どの時間を使っちゃったので
額に入れるとか、そんな時間は無く。。。
よりすぐりの3点のみ、額になんとか詰め込み、
明日はちょっとハッピーになれる
ものを納品してきます!

トイレの横に
来てくれた方へのラブレター貼ってあるので見てね!

いろいろと足りない気がしないでもないけど。。。

では、22日まで(水曜休み)、みなさまお楽しみくださいませ♡
[PR]
by asako-malco | 2016-03-10 23:51 | WORK

I♡INDIA【I was the best moving by Indian hospitality】

こんにちわ☆

人生で一番楽しい旅、1週間のインド、ワルリ村。
まさか、こんなに感動して
こんなに笑って
こんなに大好きな国になるなんて、思ってもみなかった。

とても大好きな友達、
本当に互いに人生を見てきている友達が
インドにはまって、何回も足を運び、その話を聞いてきたのですが
ついに自分で行ってみたくなったのは去年の秋。
その村に行って、話に聞いている人達に実際会って
そこでの生活をしてみたい!
確か、そう思ったのがきっかけ。

本当に行けるのかどうかは、今年の1月中旬ごろにやっと行こうと心を決める。

はっきり言って
行くまでも、行ってからも
なにがなんだか全くわからない。
下調べもしてないし
目的も、上記くらいなので
なんのプロジェクトなのか、どういう趣旨のフェスなのか、把握ゼロ。。。

そして、帰国してからも、
急にアトピー発症してしまって(人生初)全身腫れてしんどいのなんの。
こんなに急になるもんなんだなーと、そしてその辛さみたいの心底痛感。
しばらくの予定を休みにさせて頂いて
やっと少し収まってきたところ。
これからおそらく本当に無理無く生きて行くというスタイル
徹底していきたいな〜と思いました。

インドから帰って本当に人生変わった(笑)

というわけで、いろいろ思い出も書きたいけど
毎日が全力で駆け抜けて、毎日新しい体験が斬新されて行く日々だったので
なかなかまとまりきらない。

それでも、家族や親戚に話をしていくうちに
話のポイントが見えてきました。

誰に話していても、最中に涙ぐんでしまう話題。
それは、おうちに快く泊めさせてくれたご家族の話。

私たち飛行機のチェックイントラブルで乗り継ぎが上手く出来なかった幻の第4陣が
村に到着したのは、なんと朝の5時。。。真っ暗な中、どんな家でどんな状況なのかもわからないまま、起こされてドアをあけてくれたのが、おばあちゃんであるアヤジー。
非常に申し訳ない気持ちでいっぱいのまま、すでに数名雑魚寝している部屋を教えてもらって。。
暗闇の中でスーツケースの鍵をなんとか開け、
横になったものの
コケコッコーと
天井の柱をバタバタ歩く猫の家族の足音と、みゃあみゃあ子猫の朝ご飯おねだり時間が始まり、
料理当番の人達が起きはじめ、、これは、、、寝ても意味ない!?
というスタートだったのですが、。。。

f0007922_15225619.jpg



いわゆる玄関間?みたいなところで、アヤジーとピタジー(おじいさん)がベッドで寝ていて、足元にはラクシュミ(わんこ)が寝ている。そういうものなのかな?と思っていたら
なんと、
アヤジーとピタジーは、ほぼ1ヶ月以上、わけのわからない大人数の日本人達に
自分たちの部屋を譲ってくれているとのこと!!!

お風呂もトイレも家族の人達と共同。いきなり家に20人以上増えたら、好きな時に
トイレもお風呂も入れない。。。よね。。。
洗濯物干し場だって、家族の分+日本人20人分とか、、、想像するだにストレスなんじゃないかな〜と思ってしまう。

お水は日本人用の飲み水(購入してるもの)の他に、
食器を洗ったり、顔を洗う、歯磨きをする、という地下水を直接くみ上げて貯めてる
水の入った大きな壷があり、
その他、洗濯物専用の大きなタンクがある。

朝一番に、ランジャナさんが地下水のホースで
食器洗ったり顔洗ったりする用の壷に水を満タンにしてくれてるのです。。。
夜にはそれだけの人が使うと、底の方にちょっとしかなくなるので、朝一番にそれをしてくれるのは
本当にありがたい。。。

そして、ご飯食べた後に、我々も片付けたりしているけど、
キレイ好きなアヤジーが家の中も土間も洗濯物干場も毎日毎日掃き掃除しているのです。

みんながどこまでそういうところを見ているのかわからないけど
私は一日目に全てそういうのを見ていて、
夜に仲良くなった友達と話してたときもその話になって
日本で考えたら、
そんな良く知らん国の人が総勢40人もガヤガヤ村にやってきて家に泊めてるけど
電気使い放題、夜中まで出入りする、泥だらけの格好で家に入る、
風呂やトイレは好きな時に使えない、
そんなん耐えられないよねえ。。。
という話をしていた。

なのに、ご一家はひとつも嫌な顔せず
当たり前のように、してくださる。
そして、ちょっと困ってるとすぐに手をさしのべてくれるし、
私たちがバナナしか食べてないの見ると、ご飯食べるか?と分けてくれたり
火を熾すのに手間取ってると、すっとやってきて熾してくれたり(これは料理当番だった友人の話)

懐の深さの底が見えない。
それが、我慢しているのか(そのようにも見えない。。いや、多少は我慢してると思うんだけど。。)宗教の教えなのか、国民性なのか、持って生まれた本質なのか。。。

とにかく、偉人っていうのは
お金でも名誉でもなく、肩書きでもなく、
この人達みたいな行動が出来る人のことだと
改めて
というか
人生で初めて体験させて頂いたかもしれない。

まるで親切に飢えてる人みたいな感覚だけど
私はたぶん日本でも相当
いろいろ与えてもらうことも多い方だと思う。
しかし、このホスピタリティはすごい。

日本の「おもてなし」なんて、
かすんでしまうよ!ほんとに!!!

口先だけじゃなくて、
静かにこういうこと実行してるって本当に凄い。

何よりも、そこが一番深く胸に刻まれた体験なのでした。

なので、フェスもそこそこに、お家の人達を見ていたり、
我々の使ったものの最後の片付けをきっちりやってきました。
短い期間でそれくらいしか出来ない。。。
やはり裏方の日々。

そして、Noco cafeでは、やっぱり3日間みんなにチャイやお菓子をふるまって
ピークタイムにわさわさ働き(同じことインドでもやってるな〜)
f0007922_1519271.jpg

photo by Kenji Usui
左のピンクのオバケみたいの私。笑。めっちゃ人が群がってるでしょ。
日本人もインド人も一気に注文してくるから
忙しかったんだよ(笑)
最終日とかは、こことここに、可愛いベンチあるといいよね〜とか思いはじめたり(笑)
ここで、「まあ茶でも飲んで行きなよっ」て通りすがりの人呼び止めたら楽しいなーとか、
人様の農園を借りて、他の人達がせっせと作ったカフェで
そんなアバンギャルドなことを考えておりました。。。w


食べるより食べさせる側にまわったりね。。
f0007922_15195056.jpg

photo by Kenji Usui
アースオーブンでピザを焼き、カレーを作るお手伝い。
左下のピンクのオバケが私w
右のしゃがんでる黒い人がチキンカレーつくってくれた大学生のヴィカス先生ww
じゃがいもの大きさから入れる材料、順番、全て先生の言う通りに。。。

この間、ほぼ他の皆は食べたり遊んだり、会場で飲み会始まるの待ってたり。。。
集合写真とかに殆ど居ません私。
まあ、こういう感じも日本でもかわらなーーい。
だから、インドの旅、私にとってはいつも通り(笑)

いつも通り雰囲気かもちだしまくってるから
到着して数時間後とかにも、日本人の子たちにいろいろ質問されたし
なんかよくわからない任務とかも任されたりしたけど、
みんな、知ってるかな?
私昨日の朝5時にここ来たばかりで
はっきり言って、何もわからないよ〜。
それなに?そのワードすら知らないwww
って言ってみたりねw

こーゆうのも、日本でも麻子あるあるですわ。


プロジェクトの日本人リーダー的なおかずくんの塾生達がまた面白くて。www
ハルシャード(ムンバイの空港で長時間私たちを待っていてくれました(泣)
ヴィカス(チャイとチキンカレー制作者。大学でホテルマネージメントを学んでいる。料理大好き)
トウシャール(ワルリ画家、チクファームの息子、しっかり者で気も効くアーティスト)
マユール(ワルリ画家、チクファームの息子、気配り采配明るくユーモアあって人気者)
サッチャン(クギとかネジの工場を自営してる。トウシュ、マユの従兄弟。いつも笑顔で明るくひょうきんな人。看板制作で腕前発揮w)
ヴィクラム(Nocoプロジェクト最初から携わってて他の町から来てくれてる。落ち着いててやはりモテてましたww)

あ〜、もっとみんなとくだらなく遊ぶ続きが出来なかったのが残念よ〜。

f0007922_112524.jpg


本当にありがとうございました。

話題は尽きないですが、
ソフトな笑顔と煙にまく感じのしぐさがたまらないwwwラジェーシェさんの
ワルリ画のお手伝いの話はまた次回に。

他にどんなことやってるフェスなの?ってみなさん思ってると思うので
私の体験なんて5/100くらい。その他の95を見たい方、WAFのサイトへどうじょw
私も帰国してから拝見させて頂くものが多すぎて、見逃したぜ〜〜〜って100回くらい思ったわよ(笑)


Wall Art Festival
[PR]
by asako-malco | 2016-03-05 16:58 | LIFE